SHARE

Ingeo News: Volume 10, Issue 3 - 日本語版

April 2, 2015

インジオの最新情報、NPE 2015で公開

3月のNPEにおいて展示されたネイチャーワークス社の様々なレジン、ファイバー、ブランドオーナー製品は、インジオが市場においてより高性能なセグメントへ拡張していることを反映したものでした。 それだけでなく、インジオは新しいグレードのパフォーマンス特性により、生産性の向上も実現しています。 以下に、NPEのネイチャーワークス社ブースでの展示内容をご紹介します。

インジオの新しい耐久財向け配合

NPEでは、3種類の新しい配合の射出成型用インジオ製品が紹介されました。 これらの配合はネイチャーワークス社の熱安定性技術プラットフォームをベースに構築され、耐衝撃性およびその他の幅広いパフォーマンス特性を提供するものです。 2種類の配合は、中度および高度な耐衝撃性パフォーマンスと高いバイオ含有率を提供します。 このことは、射出成形アプリケーション、特に現在ABSを使っている用途に理想的です。 さらに、3つ目の異形押出成形向け配合は優れた耐衝撃性を有しており、射出成型用製品と同様、その高い剛性により肉薄化および材料の節約が可能になります。

Durable Ingeo Modulus Chart

「新しい配合のインジオは"高耐熱性"パフォーマンス等は当然としてさらに一歩進んだ包括的な特性を提供し、一部のケースではABSを超えています。」ネイチャーワークス社の耐久財事業プラットフォーム責任者、フランク・ディオダート(Frank Diodato)はこのように説明しています。 「さらに、これらの新しい配合では再生可能なソースからのカーボン含有率を約90パーセントにまで高めており、これはこれまでどの製品で達成されたものよりも高い値です。」

3Dプリンティング分野でも注目のインジオ

NPEでは新しく作成された3D Printing Suppliers Guide.が紹介されました。 このガイドには、世界中のインジオ3Dフィラメント推奨サプライヤーが掲載されています。 また、3Dプリンティング用コンパウンドを提供する企業や、3Dフィラメントを提供している地域の正規レジン代理店に関する情報が提供されています。

また、インジオから3Dプリンティング用モノフィラメントを製造する方法についての技術文書も新たに公開されました。詳細を読む.

Kodak Bioplastics Award

Eastman Kodak、インジオを使ったプリンタートナーを開発

米国プラスチック工業協会(SPI: The Plastics Industry Trade Association)およびSPIバイオプラスチック部会はNPEにおいて2015年度Innovation in Bioplastics賞を、バイオベース原料を90%以上含むプリンタートナーを開発したEastman Kodakに授与しました。 インジオをトナーにこれほど高配合したことにより、紙のリサイクル時のインク除去が簡単になります。 Eastman Kodakによれば、このバイオベーストナーは5月または6月には広く利用が可能となるということです。詳細を読む

Econcore Ingeo Thermhex honeycomb

家庭でもオフィスでもインジオを

また、今注目のグリーン ビルディング産業向けインジオベース最新製品も展示されました。 インジオを使った床材、壁材、看板、排水管、床の手入れ用パッドなどが展示されました。

クリアなフォームフィルシールカップおよび耐熱性リジッドサーモフォームパッケージング

リジッドサーモフォーム容器はインジオにとって最も成功したアプリケーションの1つです。 過去数年間に渡り、Stonyfieldをはじめとするブランドオーナーはフォームフィルシールのヨーグルトカップにインジオを使ってきました。 インジオの優れた特性によりフォームフィルシール カップおよびサーモフォームリジッド容器の材料を15~20パーセント削減することができます。これは大きなコスト削減につながり、また環境への配慮に対してブランドオーナーへの評価が高まることは言うまでもありません。

フォームフィルシール カップに対する最近の最も大きな話題の1つは、透明なインジオを使った乳製品、デザートその他の食品用容器です。 新しい透明なカップ、およびテイクアウトおよび家庭での加熱に対応した新しい高耐熱性リジッド容器のサンプルがネイチャーワークス社のブースで展示されました。また、発泡スチロールに代わる、インジオを使った発泡トレイも紹介されました。

新しい高耐熱性フードサービス用食器

ホット飲料用フタやフォーク類など、新しい高耐熱性、堆肥化可能フードサービス用食器 、および堆肥化可能なプレート、ボウル、カップ、トレイ、クラムシェル等の幅広いラインアップが紹介されています。
世界のサプライヤの特化する専門技術、サービス、製品カテゴリについての豊富な情報が掲載された最新版Ingeo Food Serviceware Supplier Guideをチェックしてください

Neutrogena Ingeo wipes

不織布およびファイバーの進化による開発の促進

新しいグレードのインジオ不織布とファイバーは、フィルター媒体、パーソナルケアおよび衛生製品、医療用布、土木工事用布(浸食制御、貯水池用シート等)、ジオテキスタイルおよび農業用布などに使われています。 採用の理由には、優れた寸法安定性、傑出した耐加水分解性、収縮率の低減、および高い処理温度での剛性向上などがあります。

NPE 2015 booth

インジオのシュリンクフィルムおよびラミネートフィルム売上拡大

包装産業では、高性能なフレキシブル材料への注目がますます高まっています。 ネイチャーワークス社は梱包およびラミネート用フィルム、およびシュリンクフィルムソリューションによるラベル、バンドル、未開封確認バンドなどを含む多数の高性能なソリューションを展示しました。 また、インジオベースのクレジットカード、看板、クリアカートンも紹介されました。

Innovation Takes Root、 “The Second Decade” 2016年3月30日~4月1日

第5回 Innovation Takes Root (ITR) はフロリダ州オーランドにて2016年3月30日~4月1日に開催されます。 "Second Decade" をテーマとし、商用規模の生産が始まった10年前のネイチャーワークス社の状況と現在を比較し、インジオがパフォーマンスおよび生産性を高めコスト優位性を実現していく中での次の10年を展望します。 日程を空け、 innovationtakesroot.comで今後のプログラム最新情報にご注目ください。

パートナー最新情報

食品包装材

Country Fresh Ingeo multipack

新鮮なスナック用インジオ パッケージを

Country Fresh Companyは4分割できる透明なマルチパック入りリンゴ、ベビーキャロット、セロリなど小分け果物および野菜スナックを発売しました。 キャラメルディップ付リンゴや、ランチドレッシング付キャロットもあります。 透明な包装により中身の新鮮な果物や野菜が見え、食欲をそそります。 インジオはその透明性と分割性により、この用途に最適な材料です。

アイスクリームをつめて持っていこう

mballaggi Alimentariの ECOGELはアイスクリーム持ち運び用の新しいタイプの断熱パッケージングです。 植物繊維であるリサイクルされたセルロース パルプが優れた断熱性を提供し、インジオがアイスクリームと容器の外側断熱壁の間の耐水バリアの役割を果たします。 家庭の有機ゴミを回収する堆肥化業者が利用可能な地域では、ECOGEL容器は造園やガーデニング用土壌改良剤として自然に還すことができます。

不織布

鏡のような磨き仕上げ

Treleoni Companyは産業用掃除機向けの清掃、研磨パッド、および産業用清掃サービス向けハンドワイプを開発、製造しています。 同社の製品に加わった最新製品はインジオ不織布繊維から作られた研磨パッド、Provitoシリーズです。 インジオから作られたこれらのパッドは柔らかい床材にツヤを与えます。 Provitoは最近USDAのBioPreferred認証を取得しました。このことは、様々な連邦政府機関において優先的に購入されるということを意味します。 Provitoは優れたパフォーマンスと低カーボンフットプリントを求める清掃業者に注目されています。 詳細を読む.

Fitesa、ネイチャーワークス社とBraskemは新しいバイオベース繊維を共同開発

Fitesaは最近、権威ある RISE(Research, Innovation & Science for Engineered Fabrics)カンファレンスのDurable Product賞. を受賞しました。 Fitesa、ネイチャーワークス社、Braskemのエンジニアが協力して新しい100%バイオベースのスパンボンド高性能不織布を開発したのです。 この新しいファイバーはシース/コア型のバイコンポーネント構成により、2種類のバイオベースポリマーを使用しています。 シースはBraskemのI'm green(TM) 100%バイオベース ポリエチレンを使用し、コアはインジオを使用しています。 その結果、この不織布は外側のバイオPEシースにより非常に柔らかく、しかもインジオを使ったコアにより強度と堅牢性を保持しています。 用途にはオムツ、パーソナル衛生用品、様々な医療用途に使用されるファブリックが含まれています。

ネイチャーワークス&業界ニュース

イベント

Plant Based Summit
4月8日-9日|リール、フランス
事業開発マネージャ、Flavio DiMarcotullio(フラビオ・ディマルコトゥーリオ)が NatureWorks: New Packaging Developments with Ingeo(ネイチャーワークス、インジオを使った新しいパッケージング開発)と題して発表を行います。.

bio!PAC
5月12日-13日 | ノボテル、アムステルダム
Erwin Vink(アーウィン・ヴィンク)がヨーロッパでの市場の変化によって生まれるバイオプラスチックの新しい機会について発表します。

International Nonwovens Symposium
6月3日-4日|プラハ、チェコ共和国
ファイバーおよび不織布担当ディレクター、Robert Green(ロバート・グリーン)がパネルディスカッション Raw Materials for Nonwovens (不織布向け原材料)でモデレータをつとめます。