SHARE

NatureWorks LLC 第4回 Ingeo Earth Month

ネイチャーワークス インジオアースマンスニューヨーク(4/22開催)、パリ(5/22開催)そして東京6/3(火)でファイナルイベント開催!

「Responsible innovation comes to everyday life.’(責任あるライフスタイルイノベーション)」をテーマとした新素材の作品展示とトークショーを実施環境アーティスト、クリス・ジョーダンの作品紹介あり!

【2008 年6 月3 日 東京】今年4 回めとなる「Responsible innovation comes to everyday life(日常における責任あるイノベーション)」も徐々に拡がり、地球環境に配慮し持続可能な新素材バイオポリマーを使用した製品も各地の小売店や百貨店などで入手できるようになりました。 NatureWorks LLCは、今年も世界環境デーに合わせて一ヶ月にわたり、世界中の都市でイベントを開催してきました。そしてここ東京で、第4回Ingeo™ Earth Monthインジオアースマンス も、いよいよフィナーレを迎えます。 本日東京では、ファイナルイベントとして、「クリエイティブ・ギャラリー」での製品展示、や、環境アーティスト、各企業の開発担当者等によるトークイベントを実施します。 会場はエコッツェリア(東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階)です。

Ingeo Earth Monthインジオアースマンスの
クリエイティブ・ギャラリー

既にニューヨークとパリで開催し、今年も世界に先駆けて独創的なIngeo™ブランドのメッセージやミッションを人々に伝えてきました。 東京ではさらにバージョンアップして、新素材の持つ将来性と魅力を、製品展示を通じて表現しています。 これまでとは違う消費活動を提案する商品やライフスタイルのコンセプト紹介でもあります。

Ingeo Earth Month インジオアースマンスクリエイティブ・ギャラリーを通じて、持続可能な新素材のマーケットが急速に発展していることをご理解いただけるでしょう。 Ingeoによる製品素材は、日本では食料品や飲料の新しいバイオパッケージングに欠かせないものです。 また、衣類、カード、靴、玩具、電子機器、電化製品、パーソナルケア、ホームテキスタイルなどにも幅広く利用されています。 こうした画期的な素材で作られた、日用品としての製品の数々が、Ingeoブランドが、私たちのライフスタイルになくてはならないものであることを物語っています。

展示内容のご紹介

大量消費と累積するゴミ問題の現実を、環境アーティストのクリス・ジョーダンの視点からご覧いただきます。 Ingeo製品を使って作られた3つの立方体で表現される作品を通して、環境に配慮した持続可能なライフスタイルのあり方を模索します。 クリス・ジョーダン自らが、その発想や作品について語り、どうすれば大量消費やゴミ問題を前向きに変えられるかという点をトークショウにて語ります。 ブライアン・ハメックスの作品‘アート・キューブ’でも同じく、私たちのライフスタイルのあり方を考えるきっかけとなるでしょう。 また最新のファッションデザイン作品では、その衣服としての手触りの良さ、実用性を実感できる機会でもあります。ガッティノーニの手による真のオートクチュールから、ニューヨークのパーソンズ大学出身の、新進デザイナーの作品、最先端のマルテ+フランソワ・ジルボー、そして岡正子のエコマコ・コレクションから斬新なアンサンブルなど、幅広く出品されます。 その他にも、最新のIngeoイノベーションを使用した製品数々も展示します。

展示内容のご紹介

大量消費と累積するゴミ問題の現実を、環境アーティストのクリス・ジョーダンの視点からご覧いただきます。 Ingeo製品を使って作られた3つの立方体で表現される作品を通して、環境に配慮した持続可能なライフスタイルのあり方を模索します。 クリス・ジョーダン自らが、その発想や作品について語り、どうすれば大量消費やゴミ問題を前向きに変えられるかという点をトークショウにて語ります。 ブライアン・ハメックスの作品‘アート・キューブ’でも同じく、私たちのライフスタイルのあり方を考えるきっかけとなるでしょう。 また最新のファッションデザイン作品では、その衣服としての手触りの良さ、実用性を実感できる機会でもあります。 ガッティノーニの手による真のオートクチュールから、ニューヨークのパーソンズ大学出身の、新進デザイナーの作品、最先端のマルテ+フランソワ・ジルボー、そして岡正子のエコマコ・コレクションから斬新なアンサンブルなど、幅広く出品されます。 その他にも、最新のIngeoイノベーションを使用した製品数々も展示します。

日本市場への展開:環境意識の高い日本市場へさらなる展開を

Ingeo Earth Monthインジオアースマンスのフィナーレ会場として東京が選ばれた理由は、日本が「環境」「エコ」「ロハス」などに敏感な消費者が多く、環境問題おいて意識の高い市場が形成されていると認識しているからです。 昨年5月にはNatureWorks日本支社も設立
し、今年後半のバイオ・ジャパンやエコ・プロダクツへの出展準備をしています。 そのことからも、当社が、日本市場への積極的かつ真摯に展開をすすめていることがおわかりいただけるでしょう。

NatureWorks LLCの取組:持続可能な選択肢をニッチ市場から主流へ変える

私たちは、二酸化炭素排出量が低く、あらゆる産業用に応用可能な植物由来のIngeo バイオプラスチックを生産しています。 Ingeoバイオプラスチックは、石油の代わりに100%毎年再生可能な植物を原料としたほかにはない、革新的な新素材です。 そのコストパフォーマンスは、従来の石油系プラスチックや繊維に全くひけをとりません。 私たちのIngeoイノベーションは、環境に配慮し、持続可能な選択肢をニッチ市場から主流へと変えることに大きく貢献しています。 バイオプラスチックおよびその繊維でできた新しい製品は、現在20種類以上の分野にわたります。世界中で100社以上のパートナーと提携し、7万店以上の小売店で販売されています。

Ingeoバイオプラスチックについて

生産過程では、従来のポリマーに比べ化石燃料の使用を65%削減、また温室効果ガスの発生も80-90%削減しています。 Ingeoについて詳しくは、NatureWorks LLCのウェブサイトwww.natureworksllc.comをご覧ください。データが示す通り、この新しいバイオポリマーは、製造過程においても繊維製品も、商業規模に使われるプラスチックの中では最も二酸化炭素排出量が低く、今日もっとも進んだ環境配慮型で持続可能なの素材として最適です。 世界的な需要の増加に伴い、現在生産量を増やしており、2009年の第二四半期までには14万トンの生産が見込まれています。

報道関係者の方で、イベントへの参加、NatureWorks LLCのグローバル・マーケティン

グ・ディレクターのスティーブ・デイヴィス(Steve Davies)の取材、またはメディア・キットをご希望の方は、担当のポーリーン・ニン( Pauline Ning ) までメールで(pn.pauline@gmail.com)、またはヒデミ・タグマ(Hidemi Taguma:田熊秀美)までメール(demipr@demi-pr.com)および電話(090-4167-8181-)でご連絡ください。 NatureWorks LLCと、そのパートナー企業およびIngeoは、誰もが使えるコンテンポラリーな製品をつくり、より良く、そしてバランスのとれた選択肢を提供いたしますIngeoイノベーションは、NatureWorks® バイオポリマーからつくられるユニークな製品です。ぜひ今後の私たちの取組み、そして各社の生産する製品にご注目ください。

ネイチャーワークス社について

地球環境に妥協することなく、世界が求める今日的・将来的ニーズに応えていくネイチャーワークス社は、100%植物由来の原料を用い、石油由来の包装資材や繊維に匹敵するコストと品質を持つ低カーボンフットプリント(二酸化炭素排出量を抑えた)ポリマーを商業ベースで製造した初めての企業です。 ネイチャーワークス社のバイオポリマー(ブランド名:NatureWorks®)は、従来のポリマーよりも少ない化石燃料で、温室効果ガス排出量を減らす方法で生産されています。 さらに、独自技術を植物中の糖質の加工プロセスに用いて作られるそのバイオポリマーは、様々な完成品に姿を変え、Ingeo™のブランド名で販売しています。 ネイチャーワークス社 の詳細は、 同社ウェブサイトwww.natureworksllc.com へ。 ネイチャーワークス社 は地球にとってより良い選択肢を提供することにより、消費者やビジネスに貢献します。Ingeoは、石油ではなく植物から生まれた独創的な材料です。

###

IngeoおよびIngeoロゴは米国およびその他の国におけるNatureWorks LLCの商標または登録商標です。

このプレスリリースに関するお問合わせ先

In this Section

Where to Buy

Looking to buy Ingeo biopolymer?

See global distributors

Looking for products made with Ingeo?

See products from our partners