SHARE

ネイチャーワークス社、オープンソース戦略により、射出成形による 新しい植物由来製品および部品の普及を推進

スペシャリティ樹脂メーカーにプラスチック市場の準耐久品向け植物由来材料を導入するための貴重な研究開発ツールを提供

2010年6月10 日, 米国ミネソタ州ミネトンカ発 - 植物由来ポリマーを使ったイノベーションと、射出成形品へのより広範な展開を推進するため、NatureWorks LLC (ネイチャーワークス社) はコンピュータ産業にヒントを得て、オープンソースによるアクセスを提供し、新しい耐熱、耐衝撃バイオ樹脂Ingeo™ (インジオ) 3801X の処方と配合プロセスについて詳細情報を提供いたします。

これにより、ネイチャーワークス社独自のIngeo 3801Xの処方*が、衝撃改良材、結晶化促進材、強化材および核材を含めてIngeoの顧客に広く提供されます。処方に関する詳細は、4月に開催されたバイオポリマーの国際会議、Innovation Takes Rootの参加者に最初に公開されました。

Ingeo 3801X 、および類似の耐熱処方(衝撃改良材を含まないもの)である Ingeo HHIM 670-82-01について情報を知りたい方はネイチャーワークス社に 電子メール で問い合わせることができます。

「ネイチャーワークス社の処方を入手することにより、独立系のスペシャリティ樹脂メーカーやブランドオーナーも Ingeo を植物由来の射出成形品や部品の基材として利用できるようになります。さらに、処方の詳細情報は、プラスチック市場の準耐久品セグメント向けに植物由来のソリューションをさらに改良していく研究開発の基礎として活用できます。」と、ネイチャーワークス社のプロダクト・マネージャー、Jed Randall (ジェド・ランドール) は述べています。

Ingeo 3801X バイオ樹脂は80%植物由来であり、石油由来のプラスチックに代わる、低カーボンフットプリントの射出成形材料として使用できます。この樹脂は120º ℃(248º F)までの熱寸法安定性、ノッチ付アイゾット衝撃強度2foot-pounds/inch(107 J/m)、弾性係数450,000 psi(3.10 Gpa)までの特性を備えています。射出成形のサイクルタイムはスチレン樹脂に匹敵します。

ネイチャーワークス社の社長兼CEO、Marc Verbruggen(マーク・フェルブルーゲン)は次のように語っています。「直近の18ヶ月間に、樹脂から小売企業までIngeo バイオポリマー普及の条件となるクリティカルマスが急速に形成されました。Ingeo の樹脂生産能力は、年間14万トンという規模に倍増しました。また、装置メーカーや、添加剤メーカー、コンパウンドメーカーは、それぞれが様々な新しいソリューションを開発しています。Ingeo は石油由来のプラスチックに対して価格的に対抗できるようになってきており、ブランドオーナー、小売企業、消費者はカーボンフットプリントの低減に真剣に注力するようになっていることから、製品の開発に拍車がかかっています。」

Innovation Takes Root でのその他の配合樹脂や添加剤の発表

コンパウンダーの PolyOne、Teknor Apex、RTPは、バイオポリマーを使った幅広い樹脂特性の達成に対する様々なアプローチを発表しています。 PolyOneは新製品であるreSound™ バイオポリマー製品ラインを発表しました。この製品は重量比30%以上の Ingeo、およびPHBまたはPHBVを含有し、(環境の)持続可能性の向上とより高い性能を必要とするアプリケーションに向けたものです。 Teknor Apex はIngeo 改良のための コンポスト可能な熱可塑性澱粉(TPS)配合技術を発表し、RTP はIngeo コンパウンドや植物由来のポリアミド(PA)処方(32~80 %が植物由来)を、HIPS、PC/ABS、30%ガラス繊維強化ポリプロピレンまたはポリアミド複合樹脂に対する代替として発表しました。

100%植物由来ブレンドの分野では、PHAメーカーであるTianan Biologicsが PHBV/Ingeo および PHBV/EcoFlex™ ブレンドの比較を発表し、工業用添加剤、マスターバッチおよびブレンド サプライヤである竹本油脂、Sukano、BASFの持つ可能性について評価しました。また、ArkemaはIngeo 製品の物性や加工性を改善するための植物由来樹脂向け添加剤技術について紹介し、Enercon はIngeo 基板に対するUVフレキソインキの定着性を高めるための同社の最新のコロナ表面処理技術について解説しました。

Innovation Takes Root カンファレンスで発表された技術およびビジネス プレゼンテーションの資料はご希望の方に提供しています。ご希望の方はネイチャーワークス社まで 電子メール にてお問い合わせください。カンファレンスのプログラムおよび講演者についての詳細は www.innovationtakesroot.comをご覧ください。

*特許申請中

ネイチャーワークス社について

地球環境に妥協することなく、世界が求める今日的・将来的ニーズに応えていくネイチャーワークス社は、100%毎年再生可能な資源を使用し、石油由来のプラスチックや繊維に匹敵するコストと品質を持つ低カーボンフットプリント(二酸化炭素排出量を抑えた)ポリマーを商業ベースで製造した初めての企業です。 

###

IngeoおよびIngeoロゴは米国およびその他の国におけるNatureWorks LLCの商標または登録商標です。

このプレスリリースに関するお問合わせ先

In this Section

Where to Buy

Looking to buy Ingeo biopolymer?

See global distributors

Looking for products made with Ingeo?

See products from our partners